ユネスコ指定世界10大遺跡都市、韓国「慶州」観光情報ガイド、
韓国慶州観光スポット、慶州ホテル手配、慶州観光ツアー、慶州グルメなど配信中・・・

> 韓国オプショナルツアー

【エリア】【釜山】【安東】【順天】【韓国の世界遺産】【韓国の名刹】

慶州観光スポット

基本情報

韓国文化&エンタメ

観光スポット

グルメ

ホテル

ショッピング

コミュニティ

HOME慶州観光スポット感恩寺址

感恩寺址(カムウンサジ・감은사지)

*エリア:慶州近郊(東海) *ジャンル:史跡/記念物 *観光目安時間:30分

 

荘重で気品に溢れる三層石塔は、統一新羅時代の石塔の定形

感恩寺は、文武王(在位 AD 661~681)が三国統一後に仏の力を借りて国を守護するためにお寺を建てますが、完成を見れず亡くなったのでその次の神文王(在位 AD 681~692)が即位2年目(682年)にお寺を完成します。
父王の意図を受け継ぎながら父王の冥福を祈り、父の恩恵に感謝するという意味で感恩寺と名付けたといわれています。

現在は寺跡だけが残っていますが、従来の平地の伽藍配置から山地伽藍に、そして古新羅の一塔中心の伽藍配置から双塔一金堂に変わる過程において見られる最初のものであります。
東西に二つの石塔を建ててから、この二つの石塔の間の中心を通る南北線上に中門と金堂、講堂が建てられた形になっています。中門は石塔の南側に、金堂と講堂は石塔の北側に配置されてあり、回廊は南・東・西側にその跡が確認され、また金堂の左右には東・西側の回廊に繋がる主回廊があったのが確認されました。

 

金堂の裏側にある森を過ぎて丘を登ると、寺刹の跡地と周辺の景色が調和をなす中で、高くそびえ立つ石塔を見ることができます。感恩寺址は史跡第31号に指定されています。

 

見学ポイント

 

 

 

DATA・・・・・

文化財指定:史跡第31号、感恩寺跡三層石塔(国宝第112号)

住所:慶州市 陽北面 竜堂里 55-1番地

주소:경상북도 경주시 양북리 용당리55-1

電話:-

入場時間:-

入場料:なし

駐車料:なし

ACCESS・・・・・

慶州駅、又は慶州バスターミナルから陽南行きの150番の市内バスに乗って感恩寺跡の前で下車。

■専用車チャーター

専用車+専用ガイドプラン

■慶州観光

■釜山市内&近郊観光

■ソウル市内&近郊観光

■世界遺産観光

■映画&ドラマロケ地観光

■ナイト観光

■韓国高速鉄道(KTX)観光

■南北境界線(JSA&DMZ)観光

■韓国文化体験観光

■公演&チケット・ディナーショー

■地方観光

安東

順天・宝城

公州・扶余

■専用車チャーター

 

 

 

CopyrightLotus Tour All rights reserved.   お問合せ:tabi@tabijin.com

ホーム  会社案内  利用規約